公式サイトでアウトレットキャンペーン

ソーダストリーム公式サイトで本体(V2)がアウトレット価格

詳細はこちら

ソーダストリームはホントにおすすめ?

ソーダストリームはホントにおすすめできるか?

ソーダストリーム

家で簡単に炭酸水が作れる!という事で人気ですが、ソーダストリームはホントにおすすめなのか?

口コミや評判はなかなか良いですが、1年以上使った僕からメリットとデメリットをぶっちゃけてみます!

まず、色々と言われてる中から、これは違う!と思ったデメリットを先に書きます。

ソーダストリーム
V2がアウトレット価格に!
※在庫限りのキャンペーンなので終了している場合はご了承ください。

おすすめ

ソーダストリームアウトレット購入ページ

 

ソーダストリームのデメリット、または勘違いしやすいところ

ソーダストリームのデメリット

ソーダストリームは数年前から人気なので、色んなところで記事を目にしますが、実際に使った僕としては、メリットもあるけど、デメリットもあると思いました。

そして、たまに全然違うというか、勘違いしてる意見も見たので、そのあたりをまず書こうと思います。

 

コストがそんなにいいワケではない!

ソーダストリームのコスト

ソーダストリームをおすすめしてる意見の中に「家で作るからコスパが良い!」という意見は多く見られますが、はたしてそうでしょうか?

僕の意見ですが、思ったよりはよくない。というのが感想です。

 

単純に比較してみます。

僕の周りのディスカウントストアで、炭酸水を安く買ったらだいたい98円。

比較しやすいように100円としておきます。

  • お店で買った場合500mlあたり:100円

 

次にソーダストリームです。

ガスシリンダー(交換用)が1本2000円で、60L作れると案内されてます。

500mlペットなら120本分ですが、これは目安の値です。

僕の感覚でいうと、120本はもたないかなと。100本も行かない気がします。

じゃあ、50本か?というと、そこまで短くもないんで80本分で計算します。

2000円割る80本割るでペットと同じ500mlあたりの値段が出ます。

  • ソーダストリームのガス代500mlあたり:25円

 

次にソーダストリームは本体の機械を買ってます。僕が今使っているのはソースパワーなので税込31320円。

これを何年使うかですが、まあ普通の家電で考えると5年は壊れることはないでしょう。

この機械を何本分として計算するか?で金額が変わってしまいますが、めちゃくちゃ最大で1000本とします。

  • 本体代を1本あたりに直すと・・・31.3円
  • 本体代とガスシリンダー代合計:56.3円

本体代とガスシリンダー代を合わせると、50円ぐらいはコストがかかってるって計算です。

 

本体を14000円の「ソースV3」なら、もっと1本あたりが安くなる計算ですが、まあ上記の計算は1000本分で計算しましたから。

500本分ぐらいで14000円を割ると28円。

やっぱり、ソーダストリームで作っても1本あたり50円ぐらいだな!と考えたほうがいいと思うんです。

ましてや、1本あたり20円ぐらいのガスシリンダー代はかかるので、「これがあれば無料でソーダが作り放題!」というワケではないなと。

 

自分だけではなく、他の人の意見でもコスパについては書かれています。

60Lなら500mlペット120本分ですが、そんなにはできないと思います。

私の家は以前、月に1回は炭酸水をケース買いしてました。

今、ガスシリンダーを3ヶ月に1回ぐらい交換してるので、おそらく60本~80本ぐらい作れているんじゃないか?と思います。

ソーダストリームを買った! | ちまたの口コミと僕の感想

 

炭酸の抜けたコーラを復活はできない!

コーラ

たまに「ソーダストリームがあれば、気の抜けたコーラや炭酸ジュースを復活させれる!」という話を見聞きするんですが、嘘です。(苦笑)

以下の3つの決まりがあります。

  • 専用のボトルしか使えない
  • 規定の水量を入れないといけない
  • 水以外は使えない

ソーダストリームは専用のボトルがあります。(1Lと500mlで最初のスターターキットに付いてます)

市販のペットボトルは使えません。

 

そして説明書の通りに、規定の量まで水を入れなきゃいけないです。

ちょっとだけ作りたい、というのは無理です。

 

そして最重要なのが、水以外はNGという事です。

厳密にはできます。ただし、メーカー的には禁止でして吹き出したり、故障の原因になるそうです。

 

こんな決まりがあるので、飲み残してたコーラに炭酸入れようってのは、まず無理です。

 

そんなに炭酸は強くない!

炭酸の強さ

ソーダストリームで作る炭酸ですが、市販の炭酸に比べると、少し弱めです。

僕の持っているソースパワーの場合、弱、中、強の3つが選べるのですが、「強」で普通の炭酸水と同じぐらいだと思います。

強めの炭酸を作ろうと思ったら、強のあとに弱か中でもう一回追加。

さきほど解説した「ガスシリンダー1本で60Lは行かないと思う」と書いた理由がこれです。

 

ソーダストリームのメリット

メリット・良かった点

さて、ここまでデメリットを書きましたが、やっぱりシミジミ良いと思える事もあります。

 

重い買い物がなくなる

重い買い物

もう、これは本当に助かります。

僕はハイボール(ウイスキーのソーダ割り)を飲むので、けっこう炭酸水を消費します。

だから買い物のたびに2、3本買うのが重くて。

 

また、飲もうと思った時に炭酸が無い!なんて事はしょっちゅうあります。

今は、飲む前に作ればいいので、ほんと便利です。

 

ペットのゴミが減る

ペットボトルのゴミ

資源ゴミ置き場があるマンションの人には関係ない話ですが、ウチの場合は「ペットボトルの回収日」があります。

これが2週間に1回なので、まー貯まります。

そして、待ちに待った回収日に出し忘れたりします。(苦笑)

 

炭酸水のペットが無くなっても、コーラやファンタのジュースとかあるでしょ!

と、思われるかもしれませんが、それも今はなくなりました。

ソーダストリームの「シロップ」を使ってるからです。

コーラ味、ジンジャーエール味、レモンライム味が我が家の常備品です。

あとはお茶ぐらいですが、これも最近、ペットからサーモス(水筒)を使うように変えたので、完全にペットボトルレス!になりました。

 

炭酸の強さが選べる

ソーダストリームの使い方

地味なメリットですが、炭酸の強さが選べるのは、なにげに便利です。

水代わりに飲む時は、微炭酸にレモンが美味しいですし、自家製チューハイはガツン!と強めが美味しいです。(笑)

こうなると、かなり飲み物作りのレパートリーが増えます。アイスティーソーダやフルーツウォーターなど、色々。

 

また嫁が言うには、料理の時に微炭酸が使えるのが便利なようです。

ソーダストリームを買った当初は、炭酸の洗顔をしてましたが、今はやってないようです。(笑)

 

おすすめの機種

ソーダストリームは機種が色々ありますが、厳密に比べると以下の3つがおすすめです。

ソースパワー

ソーダストリーム・ソースパワー

  • ソースパワー(Source Power):29000円(税抜)

電動で動くのは、このソースパワー(Source Power)だけです。

コンセントが必要というデメリットはありますが、他の機種だと炭酸を入れる時間や回数はすべて自分で調節です。

 

この手動で作る場合の面倒さが、文字では伝えにくいのですが書いてみます。

例えば僕の場合、炭酸の強さは「強」でほぼ作るのですが、手動で作る場合は3回スイッチを押す事になります。

1秒押して、2秒ほど待つ、これを3回繰り返すのです。

 

電動のソースパワーの場合、弱、中、強、3つのボタンがあって押すだけです。

「強」を押せば自動的に3回入れてくれます。

値段は他の機種より1万ほど高くなりますが、楽なのがいい方はダンゼンおすすめです。

 

ミニデラックス

ソーダストリーム・ミニ

  • ミニデラックス(Mini Deluxe):12000円(税抜)

意外と、ソーダストリームは大きくて場所を取ります。

このミニデラックス以外は、高さが42cmあります。

42センチってけっこうな高さで、平均的な身長の膝下ぐらいあります。

その点、ミニデラックスなら高さが36cmなので、そこまで大きくないです。

 

小さいのは良いのですが、デメリットとしてガスシリンダーが25L用しか使えません。

頻繁に炭酸水を作る人は、ガスシリンダーの交換が面倒になるかも。

 

あと、500mlペットボトルしか使えないのですが、そこはあまりデメリットには感じないかと思います。

他の機種は、1L、500mlの2種類が使えますが、1Lのボトルはあまり使わないのではないでしょうか。

 

V2

ソーダストリームV2

  • ジェネシス・デラックス V2 (GenesisDeluxe V2):12000円

ジェネシスデラックスが一番安いので、電動じゃなくてもいい!という人はこれがおすすめです。

手動の場合、けっきょく自分で数回押さないといけないので、操作はどれも同じです。

大きな違いがないので、一番安いこれがおすすめです。

 

ソーダストリーム本体の付属品について

ソーダストリーム

ソーダストリームの本体を買う時、付属品で何が付いているのか?

解りにくいので、ここに解説しておきます。

結論から言うと・・・何も買う必要はありません!

本体に付いている付属品

  • 1Lボトル×1本
  • 500mlボトル×1本
  • ガスシリンダー×1本

※ミニデラックスの場合は、500mlボトルのみでガスが25Lになります。

通販ページの商品名が、すべて「スターターキット」と付いています。

特に何も追加で買わなくても、炭酸を作り始める事ができます。

 

本体と一緒に買う、おすすめの付属品

ソーダストリームの付属品

余裕があれば一緒に買って損はない、という物があります。

  • ガスシリンダー(新規購入用)
  • シロップをいくつか

ガスシリンダーの予備を1本持っておくと、ガスが無くなった時にすぐ交換できます。

ガスシリンダーは「新規購入用」と「交換用」というのがあるので、ご注意を。

買うのは「新規購入用」のほうです。

「交換用」のほうは、届けに来た宅配業者に使用済みガスシリンダーをその場で引き取ってもらうシステムになってます。

 

シロップも買っておいたほうが良い、というのが、後々にシロップを試してみたくなると思うんです。

ソーダストリームの公式サイトだと、5000円以上の買い物で送料無料になるので、本体と同時に買ったほうがお得です。

 

ソーダストリーム
公式サイトで大幅割引+送料無料
※キャンペーンが終了している場合はご了承ください。

ソーダストリームキャンペーン購入ページ

 

ソーダストリームの最安値

ソーダストリームをどこで買うのがお得か?調べました。

本体は一番安いジェネシスV2で比較してみます。

楽天での取り扱い

楽天にもソーダストリームの扱いはあります。

ソーダストリーム公式が出品してるので間違いないと思います。

楽天のジェネシスV2:9900円(税込)

送料:無料

ポイント1%=99円

 

Amazonでの取り扱い

アマゾンでもソーダストリームはありました。

アマゾンのジェネシスV2:9900円(税抜)

送料:無料

ポイント0%

アマゾンのほうだとポイントがありませんでした。

 

ソーダストリーム公式の通販ページ

ソーダストリームのアウトレット

ソーダストリーム公式サイトの通販ページにて、アウトレットページがありました!

アウトレットとして売られているのは、ジェネシスV2のみ。

ジェネシスV2:9167円(税込9900円)

送料:無料

 

最安値を探したが、全部一緒だった!

ソーダストリームの最安値を探してみましたが、全て値段は同じだった!という結果でした。

送料無料も同じで、ポイントも楽天が1%、アマゾンが0%と悲しい結果。

どこで買っても同じなら、公式で買うのが一番面倒がなさそうです。

 

どの道、交換用のガスシリンダーの申込みは公式ショップ、または店舗しか無い。

そして交換用のガスシリンダーを申し込む時に、購入者登録をしないといけない。

近所に交換用シリンダーを含めて売っている店舗がある人はそちら、通販なら公式からが一番便利だと思います。

 

ソーダストリーム
V2がアウトレット価格で販売中
※在庫限りのようですので終了している場合はご了承ください。

ソーダストリームアウトレットページへ

【ソーダストリームに関するお問い合わせ】
当サイトのご利用まことにありがとうございます。
ソーダストリームに関するお問い合わせが多く寄せられておりますが、お問い合わせは下記ページの一番下の(よくあるご質問・お問い合わせ)までお願いいたします。
ソーダストリーム お問い合わせ先
ソーダストリームはホントにおすすめ?